二人目の出産レポ3

img-birth出産

運動はしなかったけど、子宮口は柔らかい

痛い。

もううめき声しか出なくなってきた頃、再び助産師さんが内診をしてくれました。

 

子宮口はまだ5~6㎝。

 

まだ半分!?

 

ごはんの時が分娩台に乗った時に、すでに子宮口が8㎝開いていたので、子宮口の開き具合がものすごく遅く感じます。

間隔は約5分。

痛みが治まって、次の痛みに備えようと時計を見ると17時過ぎ。

ここから30分ほど時計とにらみっこしながら、痛みに耐え続けます。

左手には点滴もされていたのですが、陣痛の痛みのせいで全く点滴の痛みを感じないので、ついつい手を引っ張ったりしてしまい、翌日見ると紫色になっていました。

この時に助産師さんから、この調子なら17時台には産まれるかもしれませんねと言われました。

まだ子宮口が5~6㎝なのに、本当にそんなに早く産まれるのか?

と思っていたのですが、これは的中することになります。

また、子宮口も柔らかいねと言われました。全く運動してなかったのに、なんででしょう?体質でしょうか。

ソフロロジーを思い出す

時々新生児の声が聞こえてきます。

隣の分娩台では、すでに出産を終えた方がいるらしく、旦那さんと穏やかに会話されていました。

 

うらやましい!!

 

私も早くそちら側に行きたい!

 

と、思いながら分娩台の手すりを握って痛みを耐えていたのですが、確かごはんの出産の際、痛みがある時に呼吸を止めたら赤ちゃんが苦しくなると言われていたので、鼻から息を吸って長く吐くのだけは意識していました。

忘れかけていたソフロロジーの講習を参考に、出産後の赤ちゃんとの生活、ごはんが産まれた時どれほどかわいかったかを思い出し、陣痛は辛いことばかりじゃない。この後に幸せな時間が待っているからと、無理やり思考を辛さばかりに目を向けないようにしてみたり。

 

でもやっぱり痛いのは痛い。

17時半頃、再び内診。

子宮口は8㎝ほど。

助産師さんは、前回の出産よりこまめに子宮口の開き具合を見てくれていました。

「あなたは進み具合が早いから怖いわ」

と言われたので、助産師さんたちも注意してくれていたのだと思います。

この前後くらいに破水をしました。内診の途中だったので助産師さんに産褥ナプキンを換えてもらい、今回はかなり痛みが進んでからの破水だったので、ごはんの時より遅いな~なんて思っていました。

しかもごはんの時は、内側から「パン!」という音が聞こえてきたのに、今回は音もせず、静かな破水でした。

 

この頃で間隔は2~3分。もう時計を見る余力もなくなってきました。

子宮口を内側から押されて、いきみたくなる感覚がやってきます。

これが辛い。

それに合わせて助産師さんが下からタオルでグッと抑えてくれます。それがなければいきんでしまいそうです。

この痛みが2回来てから、足を台に乗せてくださいと言われました。

二人目が産まれる

え?もういきんでいいの!

 

この瞬間を待っていたのですが、痛みのせいで足を台に乗せられません。

何とか痛みが治まった時に台に乗せ再び内診をしてもらうと、子宮口は全開。助産師さんが先生に連絡を取り、分娩台も少し斜めになります。

 

痛みの波と共にいきむ!

 

1回目は出ません。

2回目、今度は長めに、息継ぎをしながらいきみます。

 

頭が見えてきましたよ!

 

助産師さんの声が聞こえました。

3回目、2回目と同じく長くいきみます。

この3回目か4回目で、頭が出てきましたよ!と助産師さんの声。

自分のお腹を見ていたので、私にも見えました。

 

ごはんの時は、頭が出た時点でもういきまなくていいですよと言われ、そのまま引っ張り出してもらったのですが、今回は「次は肩です!」と言われ、まだいきまないといけませんでした。

え!?まだいきむの?

と思いながら、中途半端のままも苦しいので、再びいきむ!

 

17時42分。

すでに到着していた先生により、無事肩も出てきて第2子が産まれました。

出産後の私の第一声

「あー、かわいい」

ちっちゃい。

元気よく泣いている。

「あー、かわいい。いや、かわいい」

 

ずっとかわいいを連呼していました。

 

そしてふと気づきました。

隣で旦那が棒立ちしている。

 

「カメラ!」

 

思わず怒鳴ってしまいました。

出産シーンを撮れとは言いませんが、せっかくビデオカメラも持ってきていたのに全く撮影していないんです。

分娩室は特に撮影禁止ではありません、慌てて旦那がiPhoneで動画を撮り始め、何とか最初のかわいい声が残っています。

へその緒は旦那に切ってもらうので、途中で助産師さんに撮影をバトンタッチ。慣れているのか、私の下半身は映らないように上手に撮影してくれました。

へその緒を切るのは二度目なので、今回はチョキチョキと切ってくれました。ごはんの時は切る際の触感が生々しくてちょっとためらったそうです。

 

へその緒を切ったらパン(プロフィールで宣言した通りブログでは二人目をパンにしました)を抱っこさせてもらいました。

タオル越しでしたが温かい。そして軽い。新生児ってこんなに軽かったっけ?

ずっと抱っこしていたかったけど、色々な処置があるのでいったんパンは助産師さんに預け、体重とかも計るので旦那もついていきました。

会陰縫合と痔の悪化

その間に私は出産後の処置。

今回はごはんの時ほど痛くない。

ごはんの時は、会陰あたりが焼けるように痛かったのですが、多少痛みはあるものの本当に出産したの?というくらい今回は痛みが少なかったんです。

でも、先生に診てもらうとちょっとだけ切れていたそうなので、麻酔をしてもらい少しだけ縫いました。

これくらいならトイレに行くのも楽だな~と思っていたのですが、もう一つ心配事が。

そう、痔。

実は出産数日前に悪化していたのです。

やっと治りかけていたのに、どうなったかな~と思っていると、先生からすごく大きいのがあると言われました。

 

これもごはんの時と違い、それほど痛くなかったのですが、座薬は自分では入れられないので塗り薬だけ処方してもらうことにしました。

出産二日前に円座クッションを買っておいてよかった。

 

それからしばらくして胎盤を出してもらったのですが、今回はこっちの処置の方が痛い!

ごはんの時は会陰あたりの痛みでお腹の痛みはそれほど感じなかったのですが、今回はお腹が痛い。本当に痛い。

ごはんの時にも胎盤を出すためお腹を押された気がしますが、全く痛くなかったんです。それがどうして今回はこんなに痛いのか。

 

分娩台には出産後2時間ほどいなければいけません。

私のすべての処置が終わると、先生が手を差し出してきました。

ごはんの時は旦那が握手していたので、握手だろうと手を出すと「おめでとうございます」と手を握られました。

不妊治療からの自然妊娠

ああ、私は二人目が産まれたんだ。

一年前は不妊治療していたのに。

途中で転院はしましたが、出産した病院で最初は不妊治療していました。

そのことを告げて「ありがとうございました」とお礼を言いました。「そっか、よかったね。おめでとう」と先生は返してくれました。

 

陣痛室にはまだお産が進まない方がいるらしく、これから刺激をすると会話が聞こえていたので先生の診察はここで終了。

分娩室には陣痛室の方のNSTの状況が映っていたので見てみると、陣痛の波と痛さがわかるので、ついさっきまで同じ痛みに苦しんでいた私としては見ているだけで恐ろしい数値でした。

なんの刺激をすることもなく産めた私は楽な方だったんだと思います。

 

その後、今度は助産師さんが来てくれて、出産用の服から入院用のパジャマに着替えさせてくれました。

ここまで来るとホッとして涙が出てきました。

助産師さんにどこか痛いの?と聞かれましたが、先ほどと同じく「一年前は不妊治療していて」と言うと、先生と同じように「安心したんだね、おめでとう」と声をかけてくれました。

自然妊娠は無理と言われてからの自然妊娠。

旦那の検査
旦那の検査の結果、人工授精は無理。体外受精を視野に入れなければいけなくなりました。

体外受精しなければ子どもはできないと思っていました。

本当にこの日を迎えられて感極まりました。

二人目は余裕

着替え終わるとカンガルーケアのため、赤ちゃんが連れてこられました。

来るの遅いな~と思っていたら、体温がちょっと低めで旦那曰く電気(?)で温めていたそうです。

でも連れてこられたパンを抱っこしたら温かい。

おっぱいをあげるとゆっくり吸ってくれます。

 

ああ、私もお腹が空いた。

 

11時過ぎにご飯を食べてから、旦那のサンドイッチを一口貰ったくらいで何も食べていません。

このあたり二人目なので変に余裕がありました。

 

ごはんの時は部屋が開いていなくて、分娩台に4時間ほどいたのですが、今回は2時間弱ほどで病室に行くことができました。

赤ちゃんは助産師さんに預けるのですが、ガラス越しの面会の部屋に少し置いてもらうよう頼みました。

分娩室には旦那は入れるのですが、他の家族は基本は入れません。(立ち合いの指定をしているなら入れると思います)

なので、ごはんはまだパンを見ていないし、私の母や旦那のご両親もパンを見ていません。

せっかく来ていただいたのに、一目見ていってほしい!

 

私も直接病室に向かわず、待合室に行きました。

退屈だったろうに、いい子にしていたごはんがガラス越しにパンを食い入るように見ています。

病院に行く前、一緒に行きたいと泣き喚いていたのに、今はもうお姉ちゃんです。

 

旦那のご両親はここで帰られ、旦那と娘と私の母で病室へ行きました。

病院の夕飯の時間は18時くらいで、この時時間は20時。

夕飯は冷めきっていたので、旦那が広間にあるレンジで温めに行ってくれました。

 

温かいご飯を食べるとほっとします。

 

ごはんが私の夕飯を欲しがりました。そりゃそうでしょう。いつもなら寝る準備をしている時間です。

もう遅いのでお祝いにくら寿司のお持ち帰りを旦那は注文してました。

産んだのは私なのに、私は食べれないんですけど……。

 

旦那たちを見送るときも、ごはんはごねることなく「ばいばーい」と上機嫌。

それはそれでなんか寂しいです。

 

17時42分誕生。

身長48㎝。

体重2828g。

 

後々母子手帳を見ると、分娩時間は約3時間40分でした。

 

パンを産んだ時、旦那にごはんを産んだ時と同じことを宣言しました。

 

「もう二度と産まない!!」

 

もうないと思うけど、陣痛は痛い。だからもう産みたくない。

でも二人目は欲しかったんですよね、不思議。



タイトルとURLをコピーしました