お食い初め

img-family2 産後・行事

お食い初めに必要なもの

今日はパンのお食い初めをしました。

鯛は旦那が釣ってきたのにしようかと思ったのですが、家でうまく焼ける自信がなかったので、楽天で注文したお食い初めセットにしました。

ごはんの時はもう少しセットが多いものを頼んだのですが、今回は少なめ。

結局煮物となますの代わりにおひたしを用意。

セットについていた赤飯とお吸い物で合計5品用意しました。といっても、用意したのはほぼ私の母ですが。

器は私と妹が使っていたのが残っているので、それを使用。おそらく私の祖母が用意してくれたのかな?全員性別が同じなので、別に用意する必要もなく助かりました。

ちなみに、ごはんの時に調べるまで、お食い初めの器が男女で違うことを知りませんでした。

歯固めはお宮参りでもらったのもあるのですが、今回は購入したセットについていたのを使用しました。

料理は地域によって違うのかな?なますは京都出身の母の意見で、旦那のご両親は京都だからなますなのかな?とおっしゃってました。

食べさせる人

これもごはんの時に調べたのですが、一般的に「同性の年長者」がするのですね。

となると、私の母になるのですが、せっかく来ていただいたので、旦那のお母さんに最初に食べさせていただきました。

そして、旦那のお父さん、私の母、旦那、私と順番に食べさせ、せっかくなのでごはんにも声をかけたのですが、前日38度以上の熱を出していたのであまり元気がなく、イヤイヤ期も手伝ってやらないとの事。

記念だと思うのは親のわがままなので、無理強いはしませんでした。

 

ごはんもパンも無事お食い初めが終わりました。器はまたいつか二人の子供たちが使うかもしれないと、再び保管。

三世代で使えたら、素敵な事ですよね。



タイトルとURLをコピーしました