二人目の出産レポ1

img-birth 出産

二人目が産まれました

5月17日にブログでまだ産まれる気配なし!と書いていたのに、翌日18日に二人目を出産しました。

娘の変化

5月17日、お腹の張りもなく、予定日近くに産まれるのかな~と思いながら就寝。

この時点では体の変調などはありませんでした。

ただ娘の様子が少し違いました。元々妊娠してから私にべったりだったのですが、17日はそれに輪をかけて「お母さん好き好き~!」と私にひっついてきていました。

ひょっとして産まれる日が近づいているのかな?とは思ったのですが、お腹の張りもなかったため、まだ先だろうと思っていました。

翌日18日にかけて、なぜか娘が夜に1~2時間ごと寝ながら叫び声を上げました。今までも時々はありましたが、一晩続くなんて珍しく、産休中でよかったと思いながら、ほとんど熟睡できず夜が明けます。

ちなみにこの日は旦那は夜勤で家にいませんでした。

また前駆陣痛?

朝7時頃。

娘は先に起きて、私の母と一緒に朝食。

私はあまり寝れなかったので、もう少し寝ようとそのまま布団にいました。

すると少しお腹にズキッと痛みが走りました。

お腹が張っただけかな?

と思い、そのまま横になっていましたが、痛みは断続的に続きます。

 

ひょっとしてまた前駆陣痛?

前駆陣痛が来た!
長女の時はなかった前駆陣痛を初めて経験しました。

この時は2時間半で痛みが引いたので、今回もそれくらいすれば痛みも治まるかと、さらに前回ほど間隔は短くなかったので、今回の前駆陣痛は余裕だなと思いました。

ただ、眠たいけれど熟睡できるほど軽い痛みでもなかったので、仕方なく起きることにし、母に前駆陣痛が来ていると告げ、朝食後もずっと横になっていました。

10時頃になっても痛みは治まりません。

かといって、痛みもそれほど強くはなりませんでした。

 

母に陣痛じゃないの?と言われましたが、長女のごはんを産んだ時のような陣痛の痛みではない。

二人産んだ母によると、陣痛は二人目の方が痛みは弱かったと言っていましたが、それにしても間隔も狭まらないし、できれば予定日近くに産みたくて、陣痛だったら嫌だな~とも思っていました。

そうこうしている間に旦那が帰宅。

前駆陣痛が来ていることを告げると、母と同じく陣痛じゃないの?と若干焦っている様子。

たぶん違うよとは言ったのですが。

 

旦那
旦那

土曜日やし念のため病院行っといて

と言われ、39週0日で受診券があと2枚あるから検診がてら行くことにしました。

この時点で11時くらい。

土曜日の産婦人科は込み合う

通っている産婦人科は、土曜日は午前だけなのですごく混むんです。なのでよほどのことがない限り、検診は土曜日は避けていました。

今回はそうも言ってられないので11過ぎに予約を入れると、予想通りまだ10人以上の予約が入っていました。

なので、診察はお昼をかなり回ってからになるだろうと、予約だけ入れて昼食を先に取り、12時前頃に病院へ着きました。

付いてきたがるだろうと、ごはんを連れていくつもりだったのですが、同居している私の母が「何かあったら大変やから、二人で行ってき」とごはんを預かってくれました。案の定病院に行く時、ごはんはガン泣きでした。

一緒にお出かけしたいよね、お外へ行くのが大好きな娘。でも時間がかかるだろうしと、念のために入院グッズも持って旦那と二人で病院へ行きました。

 

この時点でもまだお腹の痛みはそれほどでもないのですが、痛み自体は続いていました。

さすがに前駆陣痛にしては長いなと思い、陣痛が丸2~3日続く人もいるので、私もそうだったら嫌だな~、もう予定日近くとは言わないから、陣痛だったら早く産んでしまいたいと思っていました。

ごはんは陣痛が始まって10時間ほどで産んでいるので、長い陣痛を経験したこともなく、こんな事になるのなら体力をつけるためもっと散歩しておけばよかったと後悔。

何度も書いている通り、予定日近くで産みたかったので、あまり運動はせずゴロゴロしていたんです。

 

それでも診察はまだまだだろうと思い、受付だけ済ませて買い物にでも行こうかなという余裕がまだありました。

が、受付で朝から弱い痛みが続いていますと伝えたら、順番すっ飛ばしで診察に呼ばれました。

 

長くなったので続きます。



タイトルとURLをコピーしました