タクティクスオウガ 運命の輪 第1章 その2

タクティクスオウガ 運命の輪

現在の進行状況

クァドリガ砦

ほぼほぼアンデットなので、クレリックに転職。

ただ、屍術師ニバスの攻撃手段に乏しいので、デニムとカノープスはルーンフェンサーのまま出撃しました。

 

アンデットは倒しても召喚されるので、右上からカノープスが回り込み屍術師ニバスを撃破。

ルーンフェンサーのレベルが上がっていたので、それほど難しくはなかったです。

 

ルーンフェンサーはレベル8。

クレリックはレベル6になりました。

ボルドュー湖畔

全員ウォリアーに転職。

レベルは4ですが、これまでのマップであまり敵を殲滅していないため武具のドロップが少なく、転職証のため金欠なので、ラヴィニスに武器だけ装備させ出撃。

 

ホークマンがもう一人欲しかったので勧誘。

ナイトが必殺技を使うので、結構大変でした。

 

ウォリアーがレベル7。

ホークマンを勧誘したため、アーチャーがレベル4に。

 

ゾード湿原

レベル5だったウィザードに転職。

なるべくドロップを狙いたかったので、グリフォンは狙わないようにしていましたが、敵の攻撃があたると厳しいので、数体倒したところでガンプを倒しました。

 

ウィザードはレベル8に。

 

バルマムッサの町 1戦目

楽なマップなので最初からアーチャーの予定でした。

ただ、さすがにレベル1では不安だったのですが、ホークマンを仲間にした際に、アーチャーがレベル4になっていたため楽勝でした。

 

アーチャー、レベル8。

 

バルマムッサの町 2戦目

Lルートを選んだので、ラヴィニスが攻撃してきます。

ルーンフェンサーと悩みましたが、レベル7のウォリアーに転職。

 

3回ほどやりなおしましたが、無事誰も戦闘不能になることなくクリア。

 

ウォリアー、レベル9。

 

ここまでの感想

ここで、前回ウォリアーだけでプレイしたセーブと見比べてみたのですが、レベルアップの機会が多い分、今回の方がステータスが上がっていました。

ただ、転職証を買うのがきつい。

この先クレリックだけでクリアとかは無理かもしれないので、2つくらいを並行して上げないといけないかもしれません。

勧誘したホークマンのステータスが低いので、何とか基礎値を上げたいです。

 

現在の職業レベル

ウォリアー、レベル9

アーチャー、レベル8

ウィザード、レベル8

クレリック、レベル6

ルーンフェンサー、レベル8

ヴァルタン、レベル4

 

他、ほぼレベル1。

 

ついつい、ウォリアーを使ってしまいそうになるので、他の職業もうまく使いたいです。



タイトルとURLをコピーしました