1人目の出産レポ4

img-birth1一人目の出産

助産師さんに褒められた?

病院に着くと、子宮口は7センチ開いていました。

痛いはずです。

 

助産師さんもかなりびっくりした様子で、「ようここまで我慢しましたね」と言われました。

まさか「陣痛と思わなくて……」とも言えずごまかしましたが。

 

ギリギリで駆け込んだので、呼吸のタイミングとか全く分からず、痛みの時は息を止めていたら、「息を吸って! 赤ちゃんに酸素がいかないよ!!」と言われました。

 

私、1時間くらいこの状態だったのですが。

あわてて陣痛の時も深く呼吸をするようにしました。

 

分娩室から移動することもなく、「入院セットは持ってきている?」と聞かれ、車に積んだままだったので慌てて旦那に取りに行ってもらいました。

 

その間に、私は助産師さんに分娩用服に着替えさせてもらいました。

 

この時点でだいたい10時半過ぎくらいです。

 

破水の音

助産師さんに内診をしてもらっている最中、体の中心を走るような「パチン!!」という音が聞こえました。

そして何か温かいものが流れ出る感覚が……破水でした。

 

この時は産褥用シートを当ててもらっていたので、大した被害はなく、助産師さんにシートを替えてもらいました。

 

この頃に、確か子宮口は8センチ開いていたと思います。

 

2人目の時も分娩台で破水しているのですが、この時は音がしませんでした。

1人目の時がすごい音がしたので、二人目の時は助産師さんに言われるまで破水に確信が持てなかったです。

 

特に付き添い希望ではなかった

分娩台にいる間、旦那はずっと横で付き添ってくれていました。

 

旦那の仕事の関係で付き添いが出来ないこともあるので、タイミングが合えば付き添い希望だったのですが、有無を言わせず旦那は分娩室に連れてこられてましたね。

 

痛みが激しくなってからは旦那は一言もしゃべりませんでした。

 

同僚の方に分娩室では黙っとけと言われたらしいです。
「頑張れ!」とか励ましたら逆切れされることがあるので、変に声をかけない方がいいと言われてその通りにしていたのですが、まさに私は頑張れと声をかけられたら逆切れしていたかもしれません。

 

あと、特にテニスボールで押してもらうというようなこともありませんでした。

耐えられないほどの痛みは最後の2~3回ほどで、この時は助産師さんに押してもらいました。

それまでは分娩台の手すりを掴むことで何とか我慢できました。

 

痛みの限界

12時前頃、この頃はもうお腹が痛くて痛くて。
とにかく赤ちゃんを出したいのですが、まだイキんじゃダメですよ~と言われ我慢、今思い出しても本当に辛かったです。

 

陣痛の時はなるべく声に出さないようにしていましたが、最後の方は「もう無理無理無理ーー!」と叫びました。
すぐに内診をしてもらうと、子宮口は10センチ。

 

「次の波が来たらイキみましょう!!」

 

『やったーーーーー!!!』

声には出しませんでしたが、待ってました! と思いました。

 

しかし、分娩台の上で好きな格好で陣痛に耐えていたので、足を広げるのが辛い。

 

実はその日は出産ラッシュだったらしく、私が分娩室に入ったすぐ横で出産が始まっていたんです。
その時の声が痛そうで痛そうで……
自分の番になったとき、ああこれかと絶望しました。
あの痛みに長い時間絶えないといけないのかと。

 

だけどそんなことは言ってられないと、何とかタイミングを計って、足を台に乗せました。

 

産まれた!

どれだけ時間がかかるのだろうと絶望していたのですが、3~4回イキんだら「もういいですよ」と声をかけられました。

 

え? もういいの??

 

あとは引っ張り出してもらい、出産自体はあっという間に終わりました。

 

娘はお昼の12時8分に産まれました。
病院に駆け込んで約1時間半で出産です。
あとちょっと我慢してたら……と、恐ろしい限りです。

 

娘は産まれてすぐ大声で泣き始めて、健康そうなその声にほっとしました。
タオルでくるまれた状態で抱っこさせてもらったのですが軽い。軽いしあったかい。

 

横になった私の上で娘を抱っこしたまま、旦那が臍の緒を切っていました。
スマホで動画を撮っていたのですが、途中で助産師さんが交代してくれたので、その様子もばっちり残っています。

 

旦那はまさか臍の緒を切るとは思っていなかったらしく、しばらくあの感触が忘れられないと言っていました。

 

赤ちゃんの測定などに旦那が付き添っている間、裂けた会陰の縫合が始まりました。

麻酔したかどうか覚えていませんが、痛くはありませんでした。

 

出産した後分娩台で4時間過ごす

出産が終わったのがちょうどお昼くらいだったので、私には昼ご飯が出ました。
「食べれます?」と聞かれて速攻で「食べます!」と返事をしました。
だって朝からシリアルしか食べてないし、出産で疲れてたので何か食べたかったんです。

 

旦那も一緒にいたので、半分こしました。

 

さて、実はその日は母が仕事に行っていて、私は携帯を触る暇もなく出産に入ったので母に連絡していませんでした。
旦那の両親には旦那が連絡して、すでに病院に来てくれていたのですが。

 

出産後、自分の携帯を見たら、旦那から母あてのメールが間違えて送られいてました。

という事は、母に何の連絡も行っていない。

 

母はホテルに入っている清掃業者で働いていたのですが、会社名とホテルは分かっても電話番号がわかりません。

 

仕方なく、旦那にホテルに電話してもらい、「そちらのホテルに入っている清掃業者で働いている○○の娘の夫ですが、先ほど妻が出産したので、それだけ伝えていただけますか?」と伝えると、ちゃんと業者に伝わり、主任さんから母に伝わったそうです。
ちょっと仕事が忙しい時期なので途中では抜けられず、終わってからすぐに病院に来てくれました。

 

これで両親ともに揃ったのですが、先ほど書いた通り出産ラッシュで病室が空いていません。

 

普通は出産後2時間分娩台にいたら病室へ行くのですが、どうやら入院中の経産婦の方に早めに退院してもらうようお願いしていたようです。

 

なのでそこから準備→清掃などがあり、病室が空いたのは16時頃!

 

私はずっと分娩室にいたので、早めに来てもらっていた旦那のご両親にも顔を合わせることもなく、何時間も待たせてしまいました。

 

やっと移動できるようになった時、待合室に行くとガラス越しに母たちが娘を眺めていました。

 

旦那のご両親は、ずっと待ちぼうけだったのに、おめでとうと。

病室に入っても、大変だったんだから横になってと言っていただき、申し訳ないけど横になりながら話しました。

 

しかし旦那のご両親は早々に帰られ、後日病室に来てもらった時、1人目の時も2人目の時も怖いからと抱っこせず帰られました。

 

すでに孫が3人いるからそんなはずないのに、遠慮されてたんでしょうか。

 

 

1人目は陣痛もよく分からず、あっという間に産まれたような気がします。

少なくとも2人目よりは気持ちが楽でした。

2人目は陣痛の痛みが分かっている分、憂鬱でしたし。

 

12時8分誕生。

身長46㎝。

体重3072g。

 

陣痛の痛みに「もう二度と産まない!」と旦那には言いました。



タイトルとURLをコピーしました