旦那と初めての食事

結婚まで 結婚まで

婚活後初めて旦那と会うので気合い入れました

食事に行きましょうと約束してから何度かメールのやり取りをして、私の仕事終わりに旦那が車で迎えに来てくれることになりました。

 

この頃はまだ知り合っても間もないので、メールも業務連絡のようなかしこまった内容で送り合っていました。

 

仕事へはいつも適当な格好で出勤していたのですが、その日はメイクにいつもより時間をかけ、ちゃんとした服で出勤。

いつもは黒のパンツにカッターシャツです。どっちもかなりくたびれていました。

 

待ち合わせの日はいつもワクワクドキドキで仕事が終わるのが本当に楽しみでした。

 

何とか浮かれすぎることもなく無事仕事が終わり、旦那に迎えに来てもらいました。

もう売ってしまいましたが、迎えに来てくれた車が大きい!乗りなれないので最初苦労しました。

お互いの呼び方

メールでは何度もやり取りしたのですが、会うのは婚活パーティー以来二日ぶり。
まずはお互いどうやって呼びましょうか?と相談されました。

 

それまではお互い「名字+さん」付けだったので、旦那は違う呼び方がしたかったらしいです。

 

お互い友達からどう呼ばれているかなどを話したのですが、私は誰かを下の名前で呼ぶことに慣れていないので、しばらく名字で呼ばせてくださいとお願いしました。

旦那からは私の「下の名前+さん」で呼びますねと言われました。

 

あまり家族以外に下の名前で呼ばれることがないので、これも慣れるまで時間がかかりましたね。

 

夕飯は私の家の近くのファミレスでした。

 

前回のお茶よりアニメやゲームの話を多めに話したような気がします。

この時点ではお互い敬語で話していたので、これも改めようねってことになりました。

もちろんすぐには変えにくいけど、徐々に変えていこうねと。

 

後はなんとなくこれからに向けての話が多かったかな?

 

そういえばこの時は旦那の一人称がまだ「僕」でしたね、だんだん「俺」になっていきましたが。

 

旦那にとって結婚を意識したきっかけ

この日はそれほど遅くない時間に送ってもらうことになりました。

 

ただ私は最寄駅まで自転車で来ていたので、そこまで送ってもらえれば十分だったのですが、旦那は自宅まで送ると言ってくれます。

車に荷物が積んであって自転車が入らなかったし、さすがにそこまでしてもらうのは申し訳ないので今回は断りました。

 

夜に一人で帰らせるのが不安だったそうです。

 

最寄り駅までは歩いていける距離なので、夜が心配だからできるだけ送りたいと旦那が言ってくれたので、これ以降自転車通勤をやめ、駅まで歩くことにしました。

それからは旦那と約束がある日は毎回家まで送ってもらっています。

 

この日は駅のロータリーまで送ってもらいました。

 

私は旦那の車が見えなくなるまで、ずっと旦那の車に向かって手を振っていました。

 

後々教えてもらったのですが、実はこれが旦那が私と結婚しようと思ったきっかけだったらしいです。

 

今までお付き合いの関係までいくいかないにしろ、見えなくなるまで見送ってくれる人に出会わなかったそうです。

 

私としては送ってもらいましたし、見えなくなるまで手を振るのはある意味礼儀だとも思っていました。

もちろん見えなくなるまで見ていたいというのもありましたが。

 

なので、今でも私が休みで旦那が出勤の日は、旦那が見えなくなるまで手を振って見送っています。

 

 

次の約束は一週間後、お昼からお出かけしましょうという事になりました。

そしてこの一週間の間に父の余命が一か月と聞かされました。

さすがに余命一か月と聞いていたら、それ以降しばらくは婚活パーティーにはいかなかったと思います。

 

本当にギリギリの時に旦那と出会えました。

 

偶然?

運命??

 

人生を変えるタイミングって本当にあるんですね。



タイトルとURLをコピーしました