結婚しますの報告

img-marriage2結婚まで

再び報告とあいさつ

プロポーズを受け、次はお互いの家族への報告とあいさつです。

少し前に書いた通り、そもそもお互いの家へ11月にお付き合いをしています、のあいさつをしたばかりなのでドタバタです。

 

結婚の報告の前にギリギリお互いの親に紹介出来ていましたが、こんなに早く結婚が決まるとは思っていなかったので、ここから色々なことが急ピッチで進みます。

 

本来は私の家→旦那の家と行く予定だったのですが、私の母が日中仕事のため、先に旦那の家へ行くことになりました。

 

旦那のご両親にご報告

そもそも前回の挨拶の際、旦那のお父さんが結婚のあいさつと勘違いされてもいたし、結婚自体は何の反対もありません。

 

私はお付き合いしてますのあいさつの時も、4つも年上なので何か言われるかなとドキドキしていましたが、今でも全くそんなことはありません。

 

旦那のお父さんからは結婚は前提で、結婚式は費用を抑えて、これから住む住宅の費用になどに回した方がいいよなど、具体的なアドバイスももらいました。

 

全く持ってその通りだと思います。

 

式を挙げること自体は私はそんなにこだわりはないのですが、私も旦那も今まで何度も結婚式に呼んでもらっていますし、旦那の仕事の関係もあるためオーソドックスな式・披露宴をする予定でした。

 

ただ一つ、旦那のお母さんが気にされていたことは私が喪中だという事です。

これについては式を挙げるのは父の命日後になりますし、旦那の職場的にも年が明けたら大丈夫なようでした。

 

その旦那のお母さんですが、お父さんが式の費用は抑えめにというのに対し、最終的には私と旦那の二人で決めることだしねとおっしゃってました。

 

結局結婚式に関しては、私と旦那、二人で全て決めました。

 

私の母に報告

私の母の方は特になにもなく、よかったねで終わりました。

そもそも、私にとって旦那は私が婚活で求めた条件を全て網羅している、破格の条件の持ち主です。

反対されるはずがありません。

 

 

結婚の報告は終わりましたが、結納はしていません。

友達も結納は数人くらいでした。

 

 

マンガ・アニメ・ゲームで30年以上過ごしてきた私が婚約です。

ここから結婚式の準備などを始めるのですが、人並みにすごく楽しかったです。

 

もう少し、結婚式まで婚活の話を続けます。



タイトルとURLをコピーしました